> 近況的2019年05月 <

各プロジェクトはこんな感じでした。 ここはnyasu@3webの「近況的雑文集」のページです。
2002年から動いているので、デザインとか、いろいろ古いとか言わないように。当時から古かったけど。
話題の分類
私的プロジェクトその他
[this]
この近況まとめシステム。
[palmsync]
PalmSync
[rubyeb]
RubyEB
[vruby]
VisualuRuby計画(仮称)
[linux]
うちのLinuxBox関係の話題
[win]
Windows関係
[pda]
PDA関係。Palmとか
[ruby]
Ruby一般
[net][web]
ネット系雑談
[etc]
その他雑談

一応話題は計算機関係に縛る予定。予定は未定。
話題による分類ページは作成予定。同上。
あと、独り言がわんさか。

2019-5-1

令和[win]

改元され令和になりましたが、うちのPCはまだ対応できてないようです。

元号がメジャーだった時代に子供時代を過ごしているので、自分としては元号利用は特に違和感ありません。56.4.10とか書いて昭和56年4月10日を即座に連想します。旧国鉄の大ダイヤ改正があったヨンサントオ(S43.10)とかの呼び名も元号ベースですし昔はコレが一般的でした。まあアルファベット付けないで13.12.11と言われると明治なのか大正なのか昭和なのか平成なのか西暦なのか全く分かりませんが。

なお、計算機処理が煩雑なので元号廃止しようというロジックには反対の意見です。文化と計算機による効率化とどっちを取るかの選択だと文化優先の意見です。元号が使われなくなってobsoleteな状況になったら無理に維持する必要もないと思いますが、積極的に潰すことには反対と言うことで。まああと数十年したらヒジュラ歴だとか宇宙世紀とかが世界的になってるかもしれないですし西暦で万全というものでも無いでしょう。旧システムをずっと維持するのでは無く「頻繁に年がリセットされる」ことが利点となる世の中になるかもしれませんしね。スプリント「令和」とか。

ややこしいのはさておき、、一つの時代が終わり、新しい時代が始まるというのは感慨深いです。
文字通りのお通夜の雰囲気では無く、今回はお祭りっぽいところが特に良いかと。

wrb[ruby]

ちらちら使ってますが、結構動作は安定しており、ruby-2.6.3(mingw64/cygwin)でも問題なく動いています。Windowsのメッセージの使い方がある程度分かってきたので付属ライブラリに依らず好き勝手に書き始めたりもしてますが、それでも問題なく使えています。


2019年02月へ

メールを出すつもりの方は

こっちへ