白い歯が気になる方へ!!


歯を白く治療するには

前歯の虫歯を治すときに、小さな虫歯ですと白いプラスチック(レジン)を詰めるだけで直せるのですが、

歯のおおよそ1/3以上の虫歯になると被せて治すことも考えなければいけない場合がでてきます。

詰める場合は保険治療でできますが、被せる場合は保険の歯(プラスチック)と保険外の歯(陶器)との2通りの方法があります。


プラスチックの冠の特徴

1)保険治療なので費用が安い。

2)食品の色素やたばこのヤニ、茶渋で色が変わる。

3)噛むことや、歯ブラシにより割れたりすり減ったりする。

4)口紅、ガムなどの汚れが付きやすい。

5)プラーク(歯垢)が付きやすく、歯肉に悪影響を与える。


陶器の冠の特徴

1)保険外の治療なので費用がかかる。

2)自分の歯と同様の色つやで変色しない。

3)歯とほぼ同じ硬さですりへらない。

4)汚れが付きにくい。

5)歯肉になじみやすく、健康を保ちます。


治療後の注意事項

1)小さい虫歯をプラスチック等で治療すると短時間で行え、削る量も悪いところの最小限で済ませることができますが、再びすり減ったり変色することがあります。定期検診を受けていると、適切に詰め替えるだけで済ませることもできます。

2)小さい虫歯をプラスチック等で治療した後、ズキズキ痛むことがあります。この時は歯の神経の治療が必要になります。

3)プラスチックの冠は長い間に変色や摩耗することがあります。少しでも気になり出したら、早めに歯科医にご相談ください。

4)陶器の冠はプラスチックの冠よりも、いろいろな点で優れていますが、自分の歯でさえ強い力が加わると欠けることがありますので、他の歯と同様に、大切に使って長持ちさせましょう。


HOME


e-mail to KUBOMURA DENTAL OFFICE
Please send us your comments and suggestions.
歯科治療に関するご質問・ご意見をお寄せ下さい。お待ちしております。