妊娠中の歯科治療について


世の中は間が悪いもので、妊娠中に歯が痛くなってくると言うことは往々にしてあります。
それでは、妊娠中に歯が痛くなった場合はどうすれば良いのでしょうか?
基本的には安定期(妊娠4ヶ月〜8ヶ月)の間であれば、歯の治療の殆どは安全と言えるでしょう。
この時期であれば麻酔注射や神経の治療や簡単な抜歯等も比較的安心です。

X線撮影
普通、歯科治療で使われるX線撮影装置の放射線量は自然に空から浴びる放射線量の
一年間の合計より低い値です。
腹部や甲状腺部などを鉛入りの防護エプロンで覆えば、殆ど問題は有りません。
ただ、X線撮影をしなくても治療が何とか出来そうな場合は、あえて撮影することも無いでしょう。
万が一の事を考えると、妊娠のご予定がある場合は前もって歯科医院に受診しておくことをお勧めします。

内服薬
現在歯科で一般的に使われている薬を飲んで、胎児に異常が出ると言うことはまず無いでしょう。
ただ世の中には「絶対」と言い切れる事柄は非常に少ないので、 なるべくなら飲まないほうが良いでしょう。
しかしながら化膿性の炎症を起こして、夜も眠れない・食事も出来ないと言った状態になると
母親のストレスが胎児に影響を及ぼします。
こうした場合には、薬を飲むことも止むを得ないと思いますが
胎児への影響を考え、必要最低限の効果量を主治医と相談して飲まれると
良い結果が出るものと信じております。


HOME


e-mail to KUBOMURA DENTAL OFFICE
Please send us your comments and suggestions.
歯科治療に関するご質問・ご意見をお寄せ下さい。お待ちしております。