口臭について


自分のお口のにおいが気になる方は、結構いらっしゃると思います。
一口ににおいと言っても、色々なにおいがあります。たとえば、赤ちゃんのミルクのにおい・
お酒のにおい・タバコのにおい・ニンニクのにおいなども、お口のにおいになります。
それ以外にも病的な原因によって、口臭が生じる場合があるので原因の見極めが大事です。

生理的な口臭
ここに分類されるものは、異常とは言えないものです。
・朝起きたときの口臭
・加齢による口臭:老人性口臭
・女性に特有の口臭:思春期、更年期、生理時、妊娠時などのホルモンバランスによるもの
・緊張時口臭:緊張により口腔内が乾燥した場合など
・食べ物による口臭:アルコール、タバコ、ニンニクなどによる口臭

病的な口臭
A)口腔内に原因がある口臭
さまざまな原因により細菌が増殖し腐敗臭を出すために生じます。
・虫歯による口臭
・歯槽膿漏による口臭
・歯肉炎や口内炎による口臭
・口腔内腫瘍による口臭…などが主なものです。

B)口腔内以外の原因による口臭
・耳鼻科的口臭:鼻炎、蓄膿症、咽頭炎、気管支炎、肺がんなどの原因によるもの
・内科的口臭:胃炎、肝炎その他の内臓疾患たとえば胃がんなどの原因によるもの

薬物による口臭
・ある種の薬物を服用すると体内で化学反応を起こし、体臭・口臭が生じる場合があります。
*鼻水や鼻詰まり等の緩和のために用いられる抗アレルギー薬は唾液の分泌を抑え口臭を生じる事があります。

自臭症
自分にしか感じない口臭を自臭と言います。
実際はにおいがしないのに、自分のお口はくさいのでは?と思い込んでしまう場合です。
普通は問題ありませんが、思い込みがひどくなると神経症などに移行する場合があります。


治療法
それぞれの病気に適した治療を行います。
たとえば、虫歯や歯槽膿漏や蓄膿症の治療がこれに当たります。
また、薬物によって口臭が生じる場合は薬物を中止する事によって口臭がおさまります。
最近、問題になっているのは「自臭症」です。
実際にはにおいが無いのに、本人が神経質なためにおいが有ると思い込んでいる場合と
本人にしか感じられないにおいが実際にある場合とが有るようです。
こうした場合本人は非常に悩み、口腔神経症や口腔心身症や口臭恐怖症などと呼ばれる
状態を引き起こす場合がありますので、口臭を感じたり、家族に指摘された場合には
早めに歯科医院に相談をするのが良いでしょう。
ただ口臭に関しては、歯科医院によっては適切な治療をされていない所もあるようなので
少なくてもここに書かれてあるようなことの説明をして下さる先生に見ていただいた方が
宜しいのではないかと考えております。


HOME


e-mail to KUBOMURA DENTAL OFFICE
Please send us your comments and suggestions.
歯科治療に関するご質問・ご意見をお寄せ下さい。お待ちしております。